新着情報

制度70周年を機に地域防犯活動を開始NEW

2017年09月01日

山口県農業共済組合(NOSAI山口)は、農業災害補償制度が今年70周年を迎えることを契機に、「ふるさと見守り活動」を9月から山口県内一斉に開始します。その具体的取り組みとして、県内15ヶ所の事務所を「こども110番の家」に登録し、87台の業務用車両に「防犯パトロール中」と書かれたステッカーを貼り付けます。これらにより、地域のこどもを守り、防犯の眼となって地域の犯罪抑止機能の向上につなげようとするものであり、地域社会の安全に貢献していこうとするものです。

 なお、この活動は全国のNOSAI団体が一斉に社会貢献活動として取り組みを開始するもので、今後継続して取り組んでいくものです。


看板
        

玄関

 


公用車